コスパ良すぎ!スマートリモコン「REMOHO/リモホ」の使用感のレビューと知っておきたいこと

REMOHOってなに?そもそもスマートリモコンって何よ??

という方へ向けた記事になります。

スマートリモコンを買おうとしてるんだけど悩んでる方や、REMOHO(リモホ)を買おうとしてるけどレビューはどうなの?って方にも有益な記事です。

自分自身がスマートリモコンを買う時にモヤモヤしていた部分をまとめました!!

この記事でわかること

  1. REMOHOとは何か / 詳細について
  2. REMOHOで「できること」と「できないこと」
  3. 1週間使ってみた感想

などがわかります。

人生初のスマートリモコンでしたが、値段や機能性などコスパ最強なので、スマートリモコン入門にはかなりオススメなんです。

1. REMOHOの開封レビューと商品詳細

箱はとても小さくてかなり軽いです。

今回僕が購入したのはREMOHO(リモホ)の白色のラウンドです。(以下「REMOHO」)

他にも

  • 形はラウンド(丸型)もスクエア(角形)の2種類
  • カラーはホワイトとブラックの2種類

の、合計4種類のバリエーションがあります。
価格は2020年3月購入時3980円でした。

販売元は「株式会社エス・アンド・アイ」という会社/メーカーです。

早速開封してみました。
内容物は以下に記載の通りです。

  • REMOHO ×1
  • MicroUSBケーブル typeB ×1
  • 説明書 ×1

本体はとても軽く、質感もチープなプラスチックのような素材です。

背面にはUSBケーブルを接続するポートがあります。(端子はmicroUSB-typeBです。)

付属されているUSBケーブルは短く、約60cmくらいしかないので、REMOHOを設置したい場所に置こうと思うとなかなか難しいかと思います。

また、USBを指す場所がないと使用できないのでUSBをACアダプタに変換するコネクターがあると便利ですよ!

今回はレビューということで、設定方法や使い方はは割愛させていただいて、また後日記事にまとめて紹介したいと思います◎

REMOHOで「できること」と「できないこと」

続いては1番気になるであろうREMOHOって何ができるの?何ができないの?という点をサクッと紹介していきます。

できること

できることはたくさんあります。

まだまだ僕自身も使いこなせていませんが「便利なリモコン」という使い方で例を挙げると【帰宅後にボタン1つでエアコンと照明(ライト)、テレビなどを付ける】ことができます。

もっと「便利な使い方」をするなら自宅へ近づいたら(1kmから100mの間で指定可能)や、帰宅時間に合わせて起動(20時にスケジューリング)など、操作をしなくても勝手に色々してくれます。

僕は特段面倒くさがりというわけではありませんが、かなり楽です。

REMOHOを使って自動化や短縮できたことをまとめておくので「いざ買ってみて思ったことができなかったら…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

確認できたこと

  • テレビとブルーレイレコーダー(STB)を同時に起動
  • 設定した時間になったらテレビ+STB+エアコン+照明を起動
  • 家の近くになったら(100m)テレビ+STB+エアコン+照明を起動
  • 出勤時間になったらテレビ+STB+エアコン+照明の電源OFF

できないこと

そもそもの話、スマートフォンと家にWiFi環境がないとREMOHOは使えません。

また、僕自身も15分くらい悩んだんですが接続されているWiFiが2.4GHzじゃないと接続できません。

手順通りやってるのに、何回やってもエラーになる…という方は1度スマホで接続しているWiFiを確認してみると解決するかもしれません。

大体のWiFiルーターには「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数帯があります。REMOHOでは「5GHz」だと接続できないので「2.4GHz」で接続しましょう◎

ちなみによくテレビCMなどで見る

OK google 電気消して

Alexa(アレクサ)テレビをつけて

など、スマートスピーカーを使って家電を操作する機能がありますが、スマホにある機能(googleアシスタント)では設定することはできませんでした…。
もちろん「Google Home」や「アレクサ」などを購入すればREMOHOでも音声による操作をすることが可能になります。

REMOHOのスペック

製品名
REMOHO(リモホ)
電源
DC5V/1A(Micro-USB2.0)
待機電力0.5w
動作温度0~50℃
接続方式
2.4GHz 802.11 b/g/n
赤外線周波数38K
赤外線方向全方向
赤外線友好距離8m(環境による)
対応OS
Android 4.0以上/ iOS 8.0以上
サイズ
68mm×68mm×27mm

注意点

WiFiを使用しているので勘違いしがちなんですが、WiFiが届いていようが仕組みとしてはREMOHOをリモコンの代用にしているだけなので家中WiFiが届いていても、IR情報(赤外線通信)が届かないと使用できないので注意が必要です。

改めて考えてみる当たり前のことですが、例えば寝室からリビングのテレビをリモコンで点けようとしても点かないですよね。

僕も念の為(着けば嬉しいという気持ち)に設置済みのREMOHOをリビングから寝室に持っていき、寝室のライトのON/OFF設定をしたあとにリビングに戻し、ON/OFFを試して見ましたがもちろん何も起こりませんでした(笑

わかっていましたがちょっと残念…(もう一個買おう…

1週間使ってみた感想とまとめ

ちょっと残念な点

割と致命的ですが、5回に一回くらい起動しません。(僕の環境では)

例えば、僕の家の場合テレビを見る時はテレビとSTB(チューナー)の電源を付けないと見ることができないのですが、テレビはついてるけどSTBが起動してないということがちょくちょくあります。

あと、家に近づいたら起動なども失敗していることがあります…。

あくまでも僕の環境の問題もあると思います。また、家電やアプリの問題もあると思うので一概にREMOHOのせいではないかと思います。

1週間、使ってみた感想

ということで1週間使ってみて感想は、人によっては

たったそれだけ!?
自分で操作すればよくない??

という方もいるかもしれませんが、ただ自動化できるという訳ではなく、たったこれだけのことで凄い先進的な気分になります。

先述と同じ内容になりますが

まとめ

  • 家に近づいたらエアコンと部屋のライトを起動
  • 7時になったら部屋のライトとテレビを付ける
  • 「エアコンをつけて」と話しかけるだけで起動

など、ただ自動化するから便利という訳ではなくかなり忠実な下僕ができたような気分になれます。(?)

という冗談は置いておいて、とにかく気持ちがワクワクします!

純粋に面倒くさがりな方も、忠実な下僕が欲しい方、新しいものが好きという方も、まだスマートリモコンを試したことがないなら騙されたと思って試してみてください。

たった4000円でとても充実すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください